UMEDA SHOTEN

BLOG

2021.08.15

人生はライブ感

休暇中は小難しい話はお休みにして、

前回の音楽ネタ続きから

今回は音源ではなく動画を紹介します。

「 THE FIRST TAKE 」

一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取る

ONE TAKE ONLY, ONE LIFE ONLY.

一発撮りで、音楽と向き合う。

ご存知の方も多いでしょうこの番組から、

私のお勧めをベスト形式ではなく

動画が公開された順にいくつか

コメントを添えて紹介したいと思います。

ちなみに完全に私の好みの問題で、

流行り廃りはいっさい考慮して

おりませんので異論反論ご容赦ください♪

女王蜂 – 火炎

見た目や先入観で好き嫌いしないでください

実は私もこれを見る前にはそうでした。

ルックスと楽曲と歌唱と存在と。

全てがミスマッチのようで、

実は全てが完璧な調和を見せつつ

危うげな配合で留まっている。

バックのギター演奏もとんでもねーっす。

KANA-BOON × ネクライトーキー

– ないものねだり

実はこの動画で初めて THE FIRST TAKE の

存在を知りました。

そしてこの動画が真の意味での

THE FIRST TAKE だとも感じています。

歌の入りをミスしたり、歌詞を間違えたり

でもそれが視聴者に対するライブ感を

加速させ、しかも二人がミスも含めて

楽しんでいるのが最高に伝わってきます。

緑黄色社会 – sabotage

天は二物を与えず。

いや、与えてますやんと言い張りたい。

見た目が麗しいのもさることながら、

もうね歌唱力と表現力が凄い、鳥肌!

楽曲もポジティブだしピアニストの

演奏もバンドの雰囲気の良さを感じるし。

ボーカルが着ているジャケット?

上着?が気になるぜ!(笑)

鈴木雅之 – DADDY ! DADDY ! DO ! feat. 鈴木愛理

鈴木雅之さんの歌唱力、存在感については

今さら語ることもないのですが

この動画での発見は鈴木愛理さんでした。

先ほど天は二物を… と言ったばかりですが

また見つかっちゃいました(笑)

雅之さんの歌唱にも決して劣らず、

かつ主張しすぎず素敵なハーモニーを

紡ぎだしている彼女。調べてみたら実は

アイドル出身で、しかもダンスも凄かった!

Def Tech – My Way

この曲が世に出たのは2005年。

もうそんなに前になるんですね。

一説によると、メロディラインは

沖縄の民謡「 てぃんさぐぬ花 」が

ベースになっているとか。

とにかく楽しそうに歌う二人の

ハーモニー、GOOD VIBES を感じて下さい!

yama – 春を告げる

いやー、ミステリアス!

ファッションも含めの yama という存在。

なにか非現実的な世界からやってきたような

キャラクターを見事に創り出していますね。

もちろん歌の方も抜群で、バックの演奏も

含めて私は通常バージョンよりも断然この

THE FIRST TAKE バージョンが好きです。

丸の内サディスティック(椎名林檎)の

オマージュ感ありますがどっちも良曲です!

アイナ・ジ・エンド – オーケストラ

最初に挙げた女王蜂と共に

好き嫌いが分かれそうなこの動画ですが、

彼女の独特な息遣いに引き込まれました。

BiSH というグループに所属して

この曲も普段は全員で歌っているものを

THE FIRST TAKE では一人で歌っている

ということは後で知りました。

以上の楽曲、共通して言えるのは

ライブ感と熱量の伝わり方が最高。

人生はやっぱりライブ感ですよ♪

聞く人見る人によって感じ方は様々。

皆さんの休日の良きお供、

新しい発見になれば幸いです!