UMEDA SHOTEN

BLOG

2021.11.13

人としてお目覚め

頭を使って自分で物事を考えない人は

いつも、何度も同じ失敗を繰り返す。

それを分りやすく言い換えると

思考停止

ざわつく感じに言い換えると

脳死

していると考えます。

具体的な脳死の症例は以下の通りです。

・言われたことしかやらない

・面倒なこと、責任を避ける

・仕事に対して工夫や改善をしない

ではそのような状況から人間として

生還するにはどうすればいいのでしょうか?

どうすれば自分の頭で考えることが

できる人になれるのでしょうか?

その鍵となるのは、

先ずはどんなことにも疑問を持ったり

問題意識を持てるかどうかだと思います。

今の状況や物事を良くしよう、

改善しようと本気で考えるからこそ

現状に疑問を持ち問題意識が生まれます。

問題意識が生まれたのち、

次にようやく自分で思考するという

段階に入っていけると思います。

そこで大事だと思う3つの問いかけ

①あなたはどう考えるのか?

②あなたは何故そう思ったのか?

③あなたならどうするのか?

この問いかけ、それに対する思考の訓練と

実践を繰り返しトレーニングしていくことで

やがて脳死状態の人も仮死状態になり、

ようやく人としてお目覚めになられます。

というわけです。

本音を隠さなくていいのであれば

自ら思考して成長したいと

考えている人のみを育てる!

と言い放ちたい衝動にも駆られますが、

そんなことを言おうものなら

「 ひどい! きつい! こわい!」の

三点セットで批判を受けそうな

世相なので止めておきます(笑)

言い方を変えます

ウェカピポ!